紹介予定派遣

紹介予定派遣のしくみ

紹介予定派遣とは、社員登用を前提として派遣スタッフを一定期間(最長6ヶ月)受け入れる制度です。 お客様・貴社との相性や適性、職場での実際の働きぶりを見極めた上で採用するので、将来的に正社員の雇用を考えている企業様には大変有用な採用方法です。

派遣期間中に、お客様・貴社と派遣スタッフがお互いを見極めることが出来るので、転職のミスマッチを防ぎ効果的な人材の確保が可能になります。派遣期間終了後、双方の合意が得られた場合、正社員・契約社員として採用することができます。

派遣期間終了後の職業紹介は、有料職業紹介事業として行われます。お客様・貴社(派遣先)が紹介予定派遣の派遣スタッフを受け入れ、派遣期間終了後 に職業紹介を受けて派遣スタッフを雇い入れたときは、職業安定法施行規則の範囲内で弊社が定めた紹介手数料をお支払いいただきます。

派遣(試用)期間
(図)派遣(試用)期間

紹介成立/企業とスタッフの双方合意

採用
(図)採用

紹介予定派遣とは

  • 派遣契約に従い、社員就業が可能な人材を派遣
  • 派遣期間中、スキル・勤怠など様々な要素の見極めが重要
  • 派遣期間終了後、十分見極めた人材を採用することが可能

貴社の採用試験と面接後社員として採用判断をしていただけます。

※2004年3月1日施行の派遣法改正により、紹介予定派遣においては派遣先側の事前面接が認められ、より柔軟な採用活動が可能になりました。

紹介予定派遣のメリット

採用コストの軽減
派遣前の人選・スタッフのスキル提示に関して費用はかかりません。弊社の豊富な登録スタッフの中から貴社のご希望に合う人材をお探しいたします。派遣(試用)期間中は毎月の派遣料をお支払いいただきます。貴社が派遣スタッフを雇い入れた場合、紹介手数料をお支払いいただきます。
ミスマッチの解消
派遣期間中に、お客様は派遣スタッフのスキルを、派遣スタッフは企業の社風や仕事内容を確認することができるため、採用後のミスマッチを防ぐことができます。派遣期間中は営業担当とコーディネーターが、お客様と派遣スタッフの双方をサポートいたします。
社員の定着度アップ
派遣期間後にお客様とスタッフ双方の意思を確認し、合意したうえでの紹介(社員登用)となりますので、定着度の高い人材の確保が可能です。